ビデオワールド 南米イグアス&アンデス


1986~2010 アルゼンチンの思い出
映像時間6分55秒 

青春時代を過ごしたアルゼンチン、ブエノスアイレスの友人、メンドサのぶどう農園に嫁いだ 私達夫婦共通の友人を訪ね、南のパタゴニアから、北のイグアス大瀑布と、自由に歩いた思い出画像の記録 動画です。


1998 ギアナ高地
映像時間2分37秒 

南米大陸に残された最後の秘境、陸路のルートはなく、船と空からセスナとヘリコプターのでいく、ブラジルとベネズエラの 国境のテーブルマウンテンの地、TV朝日の特集でみてから10年、50歳目前にして、たどり着きました。


1995 イースター島
映像時間3分44秒 

子供の頃、少年マガジンでみた南太平洋の秘境の孤島、失われた文明、巨石像の島「イースター島」に行くのが夢でした。 1995年、40代後半になってようやく、少年時代の夢は実現しました。 タヒチ経由イースター島の静止画スライドです。

2010 イグアスの滝
映像時間6分55秒
20年以上前から、ビデオ撮影してきています。このイグアス映像が初めて、インターネットに乗せた 作品です。これ以降は、ネットに掲載することを意識して撮影・編集するように努めています


1989 アンデスマチュピチ
映像時間3分06秒 

時は昭和のバブルまっさかり、2週間の南米一周ツァーは60万円を越していました。仕事の合間はお正月休みしかなく 2週間のアンデス高原の旅は強行軍でした。


アンデス高原列車
映像時間5分50秒
今はクスコ・チチカカ湖間は、観光客用豪華列車が不定期で走っていますが、1989年当時は 普通の生活路線のローカル鉄道でした。


アンデスチチカカ湖
映像時間6分40秒
1989年のリメイク版、チチカカ湖からラパスへ
高原列車の到着した、フリアカから紀元前のプレインカ遺跡・浮島ウロス島・陸路国境を越え インカ帝国の発祥の地「太陽の島」と渡り、ラパスまでの道のりの動画です


ボリビア首都ラパス
映像時間6分06秒
4000mの高原の首都ラパス、幻の遺跡ティワナコ、南米の夏1月で雪に見舞われますが、未だに一番印象に残っている 世界の首都のひとつの町です。


リオデジャネイロ
映像時間3分30秒
14日間の南米アンデス高原の旅のエンディング、最終日のリオデジャネイロです。 アンデスの山岳地帯、インディヘナの人々の暮らしの世界から、大西洋の明るい陽射しと 白人の社会に戻ってきて、一種の戸惑いを感じました。